シンプルスケッチ、はじめました。

万年筆ってお手入れすると半永久的に使える筆記具です

万年筆で絵を描いていると、色々な方に「私も描いてみたいんです」と質問を受けます。

ここのところ、万年筆が流行ってきているようで、お店の方やメーカーの方とお話すると「売れてるんですよ」と伺います。

 

万年筆はインクが直接ペン先から出てくる面白い筆記具です。

歴史も古く、たいへんアナログな道具です。

修理をしながら、正しくメンテナンスをすると半永久的に使えるほど、シンプルな構造です。

私も暇があればメンテナンスをしたり、インクを入れ替えたりしています。

 

細いペン先、太いペン先、インクの色の違い。

どれも個性があり、数十本の万年筆を持っていますが、微妙な書き味の違いが心地よく、自分のお気に入りに出会ったときの喜びはひとしお。

 

 

プールで自由にスイスイ泳いでいるみたいな描き心地

万年筆は筆記具として生まれた文具です。

文字を書くために生まれたので、絵が描きやすい道具かと言われると、ちょっと癖がありますよとなります。

ただ、他の画材にはない繊細な筆圧の感覚がとても心地よい道具です。

なんだかプールの中を泳いでいるような、なめらかなスイスイした描き心地に、人間の個性が素直に出ます。

 

数年、万年筆で絵を描きながら、メーカーの方や文具屋さんの方とお話して知識が増える中で、もっとこの万年筆で絵を描く楽しさをたくさんの人に伝えることは出来ないかなと思うようにんりました。

私自身、LAMY SketchというLAMYのsafariで描くイラストが代表作となり、色々は企業の方から絵のご依頼が来るようになりました。街の中で自分の絵に出会うと嬉しくなります。万年筆のおかげでたくさんの人にも出会えました。LAMYからは公認もいただき、のびのび自由に絵を描くことができます。

 

万年筆が、私を素敵な未来へ連れてきてくれました。

 

この幸せであったかい気持ちを自分だけの物にしているのはもったいないなぁと思っていました。そこで。私の万年筆で絵を描く知識や技術を全部、世の中に返してしまおうと思います。

 

万年筆で絵を描く兎村流の方法を「シンプルスケッチ」という名前で、世界に発信していきます。

 

万年筆で絵を描く方法を伝えていきます

万年筆で絵を描くルールに、正解があるわけではありませんが、私が何年も描いてきた経験の中で「これはよかったな」「こうすると描きやすかったな」「この道具、好きだな」というものを紹介していきます。

 

万年筆で絵を描いてみたいと言う方の夢を、少しでも叶えることができたら嬉しいです。

WEBを更新していく他に、今後は全国でも「シンプルスケッチワークショップ」を開催したり、イベントにも出演していき、万年筆の楽しさを伝えていけたらなと思っています。

 

 

シンプルスケッチをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

写真:キムラブンペイ

by
1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始する。 子ども・女性向けの絵、暮らしのシンプルな絵を得意とする。ドイツの万年筆LAMYsafariで描く「LAMY Sketch」が人気。