『万年筆ですぐ描ける!シンプルスケッチ』著者が本を解説します

シンプルスケッチがついに書籍になりました!

万年筆で絵を描く楽しさを伝えるべく、一冊の本に、ノウハウをぎゅっと詰め込みました。万年筆で絵を描くために必要なコトの基本を学ぶことが出来ます。

書籍化を記念して、著者本人の兎村彩野がまるっと一冊解説いたします。

↑すぐAmazonで確認したい方はこちらで

万年筆の使い方やメンテナンスを写真付きで紹介!

今、人気の万年筆。リーズナブルなお手頃シリーズから憧れのブランドまで、幅広くラインアップが揃い手に入れやすい筆記具になりました。インクがニブ(ペン先)からするりと出てくる独特の描き心地は、なんとも言えない心地よさがあります。

そんな万年筆ですが、既に持っている人にも、これから購入したい人にも便利なように、使い方やインクの種類、描き味が悪くなってきたときのメンテナンス方法などを写真付きで丁寧に本の前半にまとめました。

 

※こんな感じの万年筆の仕組みやペン先など紹介しているので万年筆の基本的なことが学べます

 

周りの友人やワークショップに参加された方に伺うと「メンテナンスの洗浄がよく分からない」という意見が大変多く、万年筆の洗浄方法も写真を使って手順を紹介しています。「洗浄」で調子の悪い万年筆が描けるようにることが、実はとても多いのです。

不調の原因がインクが固まっていたり、ホコリなどのゴミが詰まってしまったりしていることが多いので、洗浄でインクが溶けたりゴミが取れるだけで描けるようになったりします。

 

※使い方や洗浄のイメージ(本書より)

ペンの取扱説明書は小さい物が多いので、書籍を見ながら所有の万年筆をメンテナンスしてもらえたら嬉しいなと思っています。個人的にも月に1回、メンテンスの日を設けており、いつも快適に万年筆を使うことができます。

 

暮らしの中のアイテムが描けるようになる!

仕事ではいつも万年筆でイラストを描いています。伊勢丹新宿店のイベントのキービジュアルだったり、スローハウスの展示だったり、雑誌の挿絵など、広告の絵を描く事が多いです。

万年筆で描いたお仕事のイラスト
❶三越伊勢丹(伊勢丹新宿店)[ロゴ](「イセタン サマーフェス 2017」)
❷三越伊勢丹(伊勢丹新宿店)[ロゴ](「PLAY ISETAN」)
❸SLOWHOUSE ART EXHIBITION[展覧会作品]
❹BOOK BUS by Value Books[キービジュアル]

 

お仕事なので毎回、色々な絵を描きます。万年筆で絵を描くのはとても楽しい時間です。万年筆のニブ(ペン先)からゆっくり出てくるインクの滲みや溜まり、偶然生まれるやわらかい線。自分の手元を見ていて飽きません。アナログな道具という物は人を優しい気持ちにしてくれるような気がします。

なんとなく、この楽しい気持ちをたくさんの人と共有したいなと思うようになりました。一緒に万年筆で絵を描きたいなぁと。そこで、今回はたくさんの人が描きやすいように、書籍のお手本イラストをかわいさを残しつつシンプル化しました。

※本書P30に掲載のイラスト例

モチーフもなるべく暮らしの中でよく見るものや使う物をピックアップしています。絵を描くことが暮らしを見つめてみる・眺めてみるに繋がるといいなと思っていました。いつも見ているモノを、なんとなく描いてみる。ちょっと素敵な時間だなぁと。

 

緊張をほぐしつつ基本を覚える基本の線の書き方

本書ではまず最初に万年筆の基本の線の描き方を紹介しています。

 

丸や三角、四角など、基本になる線の動きを手で覚えてしまうと、絵を描くのは格段に簡単になります。絵も手の筋肉で描いている部分が大きいので、基本の線で絵を描く筋トレをする感覚でしょうか。

万年筆は普通の筆記具よりやや癖のある道具なので、ペン先の使い方も本の中で細かく解説しました。慣れると考えなくても手が自然に動くようになります。「筆」と名前に付いているので、書道に似ているなぁと感じます。

 

基本の線を覚えたらいよいよ実践へ

本書の「シンプルスケッチ」の便利なところは、別冊で「なぞり描きブック」が付いてくるところです。本の後ろの所にくっついているので外せるようになっています。

「なぞり描きブック」に本書に出てくるイラストのモチーフをほぼ全部掲載しました。ブックの上に白紙のコピー用紙を重ねれば、うっすら絵が透けるのでなぞって絵を覚えることができます。

「なぞり描きブック」を万年筆のインクで汚したくない方はコンビニでコピーして使ってもOK。コピーなら安心して何度でも描けます。コピー機で拡大縮小すれば好きなサイズで絵を描く事ができます。コピーは切ったり貼ったりして好きにレイアウトすることもできます。

なにげにちょっと便利な「なぞり描きブック」なのです。なぞり描きブックのイラストには本書の何ページに掲載されているか書かれているので、本書をお手本にしてセットで使って下さい。

シンプルスケッチという絵の描き方を伝えるために、「なぞり描きブック」をシステム化したのは正解でした!

こんな感じで、イラストの描き方を紹介しています。すべて3ステップに統一して描き方を考えました。また万年筆は道具の性質上、線を引く方向が一定になってしまうので、赤いガイドラインを描き方の中に入れています。描きながら困ったら、ぜひ線を描く方向の参考にしてみて下さい。必ずしもお手本通りでなくてもよいのですが、困ったり不安になったらガイドが参考になります。

最初、このガイドラインをどう入れたらよいか執筆中に悩んだのですが、書道の「書き方」を参考にして生み出しました。同じ「筆」つながりで(笑)閃いたアイディアです。

 

文字も描けるようになる!

シンプルスケッチの楽しさは絵と文字の組み合わせです。そこで、文字の書き方も丁寧に紹介しました。色々な文字が書けるようになると楽しいかなと思ったので8書体のアルファベットと数字の書き方を掲載しています。

 

文字とイラストを組み合わせることで、お店のPOPオリジナルのギフトカード年賀状結婚式のペーパーツール&ウエルカムボードなど、DIYにも使えるパーツを手描きで作る事ができるようになります。

文字と絵を組み合わせやすいように、レイアウトサンプルも4パターン載せています。え?4っつだけ?と思う方もいるかも知れませんが、4つのパターンでモチーフを入れ替えて応用していくことで、悩まずに絵を組み立てていけます。詳しくは本書をご覧下さい。

 

シンプルスケッチを使ったDIYでオリジナルアイテムを作ろう!

シンプルスケッチの絵や文字が描けるようになったら応用編でDIYを楽しむことができます。

【本書で紹介しているDIYアイテム】

  • 結婚式やパーティーのウエルカムボード
  • パーティーピック
  • プリギフトのラベル
  • アクセサリーの台紙
  • バースデーカード
  • フードストッカーや整理整頓用ラベルシール
  • 手帳&トラベルノート

道具や材料、作り方をご紹介しています。「とても簡単です!」とは言えませんが、作って完成したときに「がんばって作ってよかった!」と思ってもらえるようなものを考えました。

兎村はアートディレクターでもあります。広告の撮影備品を作ることがります。作業部屋にDIY用具を揃えて、一週間ほどこもって撮影用意をすることも。なのでこのDIYの執筆は撮影用に作る備品の中でも、見た目がとくにカワイイモノを厳選しました。

アクセサリーの台紙はminneなどでオリジナル製品を販売している方向けに考えてみました。minneはサイトデザインがリニューアルされて写真がどんどんきれいになっているので、ぜひ台紙などもシンプルスケッチでかわいくデザインしてもらえたらうれしいなと思います。

 

書籍詳細

タイトル:万年筆ですぐ描ける! シンプルスケッチ
著者:兎村彩野(うさむらあやの)
単行本:96ページ
形状:ソフトカバー
出版社: グラフィック社
言語: 日本語
発売日: 2017/11/9
価格: ¥1,404


 

こんな感じで96ページに、万年筆の使い方からイラストの描き方、文字の書き方、応用のDIYまでを一冊にまとめました。

半年くらいかけてゆっくりいろいろな人に意見を聞きながら作っていた本です。なんと220点も絵が掲載されているそうで。掲載しなかった絵もたくさんあるので、どれくらい描いたのか、もはや私にも分かりません。

 

本書で使っている撮影備品もほぼひとりで作っていて、カップケーキはデザインを決めてオーダーメイドプチギフトの包装紙はオリジナルのテキスタイルペーパーを作ってラッピング手帳の撮影では手帳そのものも実は私が作っています。ピアスの写真もピアス本体ごとつくりました(笑)作りすぎって笑われました。

小さい頃から本が好きで、読書は私の人生そのものです。いつもは「読む人」ですが、ひさしぶりに本を「作る人」になりました。とても楽しい作業でした。万年筆もやはり学べば学ぶほど好きな筆記具であり、私には画材です。半年間、ずっと楽しかったので、きっと良い本になったはず。著者が楽しかったら、「楽しい」が本にもはみ出てるんじゃないかなと信じています。

たくさんの人に支えられて、素敵な本ができました。本屋さんで多くの人と出会えますように。絵を描くというゆるやかな時間が世界に少し増えますように。

 

全国でワークショップを開催していきます!


今後、本書を使ったワークショップを開催していきます。詳しくは後日発表します。
SNSでワークショップ開催と申し込みの告知をしています。興味のある方はフォローをお願いいたします。

シンプルスケッチのハッシュタグは #シンプルスケッチ です。ぜひ描いた作品などもハッシュタグ付きでPOSTしていただけましたら兎村が遊びに行きます。

by
1980年東京生まれ、北海道育ち。高校在学中にプロのイラストレーターとして活動を開始する。 子ども・女性向けの絵、暮らしのシンプルな絵を得意とする。ドイツの万年筆LAMYsafariで描く「LAMY Sketch」が人気。